小児歯科 | 渋谷区歯医者 桜丘歯科クリニック

Pediatric dentistry - 子供の歯について(小児歯科) –

虫歯は親から始まる!?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいません。虫歯菌は突然やってくるのではなく、実は親御さんから移るケースがほとんどです。虫歯が移る原因とは、親御さんが使った箸やスプーンなどから移ります。

愛情表現から移る虫歯菌

熱い食べ物をふーふーしたり、親御さんが食事中に使っている箸で食べ物を食べさせたり、ミルクの温度を確かめるために哺乳瓶に口を付けたり、子供にキスをするなど、親御さんの口から虫歯菌が移ります。ですがこれらは愛情表現でもあるので、やめるわけにはいきません。そこで、同じ箸やスプーンを使わずに別々の物を使うことで、予防することができます。

大切なのは親子揃って検診すること

子供の虫歯予防は歯が生えてた瞬間から始まります。そしてお母さんは赤ちゃんが生まれる前から定期的に検診を受けておくことが理想的です。生まれてからは親子揃って定期検診を受け、お口の中を健康な状態にすることが重要です。

3歳までに虫歯菌の数が決まります

将来、虫歯になりやすいかどうかは3歳までに決まります。1度お口の中に住み着いた虫歯菌は追い出すことができません。また乳歯は虫歯になりやすく、とても弱い歯なので、毎日正しくケアしてあげることが大切です。お子さんの将来のためにも、歯が生えた瞬間から検診を受け、親子共に虫歯予防に努めましょう。

虫歯予防のフッ素塗布

弱い乳歯を守るため、フッ素塗布をしましょう。定期的に歯科医院で濃度の濃いフッ素塗布をすることが重要です。その際、乳歯のケアの方法、歯磨きの仕方のアドバイスもいたします。フッ素塗布に関するご質問などお気軽にご相談ください。分かりやすく丁寧にご説明いたします。

お気軽にお問い合わせください

お子さんの歯について気になることはお気軽にご相談ください。分かりやすくお答えします。お問い合わせ・来院時には『ホームページ見た』とお伝えください。スムーズにご案内できます。

子供の歯について
小児歯科
虫歯予防のフッ素塗布

About Us - 診療時間 -

時間/曜日
10:00-13:30 × ×
14:30-19:00 × ×

×(休診日):水・日・祝
住所:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町6-5

TEL: 03-3461-0824

Menu - 診療メニュー -

pagetop