むし歯にしないために 2 | 渋谷区歯医者 桜丘歯科クリニック

むし歯にしないために 2

キシリトール

キシリトールは甘味料です。甘いものはむし歯になりやすいのですが、キシリトールは

違います。虫歯は虫歯菌がお口に残った食べかすから酸を作り、その酸で歯が溶けて

できてきます。虫歯菌がキシリトールを食べても酸を作りません。キシリトールを消費す

るのに無駄なエネルギーを使い虫歯菌が疲れてしまいます。そして虫歯菌がお口の中

から減っていきます。虫歯菌が減るとむし歯になりづらくなってきます。

 

高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3~4粒、3ヶ月以上続けて摂取する

とキシリトールのむし歯予防効果が出てきます。歯磨きをした後に食べてください。

キシリトール配合のものはガムが多く販売されています。

ガムがまだ食べられないお子様向けにはタブレット(ラムネのようなもの)もあります。

キシリトールが50%以上入っていることと、砂糖などの発酵性の甘味料が入っていない

ことが必要になるので「シュガーレス」表示を確かめてください。

パッケージの成分表示を見て、糖類が0gであることと、糖質中のキシリトールの割合が

50%を超えていることを確認してください。

 

About Us - 診療時間 -

時間/曜日
10:00-13:30 × ×
14:30-19:00 × ×

×(休診日):水・日・祝
住所:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町6-5

TEL: 03-3461-0824

Menu - 診療メニュー -

pagetop