むし歯の治療 | 渋谷区歯医者 桜丘歯科クリニック

むし歯の治療

2.甘いものがしみる

3.歯を見たら黒くなっている

4.歯に穴があいている

 

甘いものがしみる、歯が黒くなって穴があいている時は、むし歯です。早めに治療する

ことをおすすめします。

黒くなっていたり穴があいていても、大人の場合はむし歯の進行が遅いので痛みが

出ないことがあります。痛みが出たときには神経の治療をして、神経を取らなければ

なりません。痛みが出ないうちに治療をすると、神経を残せる可能性が高くなります。

神経は取ってしまうと戻せません。神経を取った歯は痛みを感じませんので、次に

むし歯になったときに痛いというサインを出してむし歯になったことを教えてくれませ

ん。なので、なるべく神経は取らないほうが良いと思います。

甘いものがしみたり、歯が黒い、穴があいているときの治療は、虫歯を削って取り、

プラスチックか金属を詰めます。下の歯や小臼歯では金属だと詰め物の色が目立

つ場合があります。その時はセラミックやハイブリッドの白い詰め物もできます。

セラミックやハイブリッドは保険は効きませんので治療費は高くなります。

 

 

 

About Us - 診療時間 -

時間/曜日
10:00-13:30 × ×
14:30-19:00 × ×

×(休診日):水・日・祝
住所:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町6-5

TEL: 03-3461-0824

Menu - 診療メニュー -

pagetop