知覚過敏の治療 | 渋谷区歯医者 桜丘歯科クリニック

知覚過敏の治療

5438a9956ace54ad8086919c21caf759_m

虫歯の痛みとは違う知覚過敏

3人に1人が知覚過敏になっていると言われています。冷たい水がしみる、温かい飲物もしみる、どちらも辛いと思います。虫歯と知覚過敏は同じような痛みに感じますが、実はべつのものです。

当院で知覚過敏の治療を行う際の処置についてご紹介します。

薬を塗る

歯がしみる部分に知覚過敏用の薬を塗ります。知覚過敏の薬は色々あるため、医院によって取り扱う薬が変わります。当院で薬を使用し治療する場合は、お手数ですが数回に分けて通院していただき治療を行います。

詰め物をする

歯の根元が大きく削れてしまっている部分は元に戻ることができません。
そのため保険で使用する白いプラスチックを詰めます。コンポジットレジンと言って歯科治療ではよく使用するプラスチックです。

歯が削れ隙間が空いているままの状態で放置しておくと、汚れが溜まりやすくなり、知覚過敏の悪化、虫歯や歯が抜ける歯周病の原因にもなります。

歯ぎしりから歯を守るマウスピース

歯を横にこする歯ぎしり、縦に強く噛む食いしばりはほとんどの日本人がしています。これらは歯を整える、ストレスを解消しているなど、様々な説があり真実は不明ですが、歯に負担をかけている事は事実です。

歯ぎしりや食いしばりは寝ているとき無意識にしていることがほとんのため、自分では気付ないことが多いです。歯ぎしりなどが原因で歯に強い力がかかり、歯が左右に動かされることで、歯の根本が削れ知覚過敏になることもあります。その場合は詰め物などの治療ではなく、マウスピースを使用し、寝ている間の歯にかかる負担を軽減させる方法をお勧めします。

知覚過敏と虫歯は違う

知覚過敏は「しみる」という症状が強く、虫歯には痛みがあります。
食事や飲物でしみると感じたとき、歯にも一時的な痛みがある場合は知覚過敏の可能性が高く、痛みがずっとあり、強く噛んだり衝撃があると痛みがある場合、虫歯の可能性がありますので、気になる方は一度、定期検診を受けることをお勧めします。

About Us - 診療時間 -

時間/曜日
10:00-13:30 × ×
14:30-19:00 × ×

×(休診日):水・日・祝
住所:〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町6-5

TEL: 03-3461-0824

Menu - 診療メニュー -

pagetop